top of page
検索
  • 執筆者の写真田村陽太

【第158回】弊社の海外駐在員のカウンセリング事業について⑥


こんにちは。サンキャリア代表の田村です。



本日は『弊社の海外駐在員のカウンセリング事業⑥』についてお話していきたいと思います。



前回までの5回の連載で、弊社が海外駐在員向けのカウンセリング事業を行うに至ったきっかけや、カウンセリング事業を行う上で海外駐在員や帯同する家族が置かれている現状やそれに伴う需要についてお話させて頂きました。



そして今回は弊社の具体的なサポート内容について詳細にお話していきたいと思います。



弊社のカウンセリング事業の具体的なサポート内容は以下3つとなります。



➀メールやチャット等での日頃のお悩み相談

②月1回程度のオンライン面談

③駐在員が所属する企業への人事労務改善サポート


となります。



まず➀ですが、相談者が海外駐在中に感じるお悩みや困りごとをメールやチャット等で相談対応するというものです。



「自分でネットで調べようにも外国語で情報が出てくるので良く分からない…」

「リファー出来る人が海外だと数が限られるので、自分が得た情報が本当に正しいものか分からない…」



等、第三者の目線から相談者のお悩みに真摯にスタッフが一緒に解決します。相談者としては日々のお悩みをそのままにせず、日々気になったことを「備忘録」として残し、それらを一つずつ解決していく事に繋がります。



②は月1回事前に時間を決めて、日々のお悩み解決の為の面談を行います。通常のお悩みごとに関しては➀のメール・チャットで相談対応をさせて頂き、例えば



・メールやチャット等文章ではなかなか伝えきれない内容

・緊急で解決したい内容

・思いの丈を言葉にして相談したい内容



等、より相談者のお悩みや困りごとをしっかりと解決したい時にオンライン面談を利用していただきます。もちろん特にお悩みや困りごとはないけれど、雑談程度にお話しいただく事も可能です。(事前に合意した業務量や業務時間の範囲内での相談となります。)



③のサポートは、依頼者が海外駐在員の場合に限りますが、依頼者の駐在員の方の同意を得て、所属している日本企業の人事部に対して海外駐在員の海外赴任中の労務でのお悩みや問題点を一緒に共有し、より良い海外駐在員の労務管理が達成できるよう働きかけるサービスを行っております。



海外駐在員や帯同するご家族のカウンセリングサービスを行っている会社は日本国内や海外にも沢山ありますが、弊社がこのカウンセリング事業を行う上で特に意識しているのは、「海外駐在員が感じているお悩みを根本的に会社の組織改善から解決する事」です。



海外駐在員は基本的には「一国一城の主」として、自立的に日々仕事をすることが求められますが、日本企業の「一従業員」という待遇を持ちながら働かなければならないという大きなジレンマを抱えています。



海外駐在員としては一生懸命仕事をしているのにも関わらず、日本本社からなかなか評価されなかったり、海外駐在員としては海外市場を攻略すべき戦略が見えているのに日本本社の方針に振り回されたり、海外駐在員は「経営者」という側面と「従業員」という側面をどちらも抱えながら働かなければなりません。



この2つの課題を抱えて働く事が海外駐在員の精神的心理的ストレスに繋がるのですが、日本本社の人事部や営業部が、「このようなジレンマを抱えて海外駐在員が働いている事」を事前に知っているか、そしてしっかりと理解しているかによって、駐在員の人事労務管理が上手く機能するかが大きく変わると個人的には考えております。



海外駐在員に対しての安全配慮義務意識の醸成や駐在員の日々の労務管理等について、弊社から駐在員が所属する企業に助言・アドバイスをさせて頂き、改善していただくよう働きかけを行います。



もちろん継続的なサポートになる場合は駐在員が所属する企業から弊社と労務顧問契約を結んでいただく形となりますが、顧問契約にならなくても弊社から当該企業に駐在員や悩みや問題点を共有する事で、より良い駐在員の労務管理の第一歩と繋がると信じて弊社ではサポートを行っております。



今回までで、弊社の海外駐在員向けのカウンセリング事業についてお話させて頂きました。社会保険労務士事務所がこのようなサポートを行っているのは非常に珍しい取り組みなので、読者の方に少しでも興味を持っていただければと思い、この度は執筆させて頂きました。



弊社の事業にご興味・関心がありましたら、いつでもお問い合わせフォームからご連絡してください。



執筆者:田村陽太(社会保険労務士)



産業機械メーカーの海外営業、社労士法人での勤務経験後、海外駐在員や外国人社員等のグローバルに働く社員が輝ける職場づくりを人事面からサポートしたいという想いで、社労士事務所を開業。海外駐在員や外国人社員の労務管理、外国人留学生・技能実習生の就労支援等、企業の国際労務・海外進出対応に強い。ラジオDJ、ナレーター、インタビュアー、番組MC・ナビゲーター等、音声メディアや放送業界でも活動。また、番組プロデューサー、ポッドキャストデザイナーとしてPRブランディング事業も手掛ける。株式会社サンキャリア代表。



社会保険労務士事務所Sun&Careerホームページはこちらです。




インターネットラジオ・ポッドキャスト番組「企業と従業員の働き方を考える 『社労士ラジオ  サニーデーフライデー』」のリンクはこちらです。




社労士労務顧問、ナレーター、インタビュアー、番組MC・ナビゲーター、ポッドキャスト番組制作等のご依頼はお問い合わせフォームまでご連絡ください。



bottom of page